統一教会をめぐり自民党幹部の釈明発言は?なぜ会見を行った?

ニュース
スポンサーリンク

自民党の福田達夫総務会長が記者会見において、統一教会について「僕自身は個人的に全く関係がない」とした上で、「正直に言います。何が問題か、僕は分からない」と語った。

安倍晋三元首相の射撃事件があり、統一教会の霊感商法、マインドコントロールによる多額の献金などの問題点、政治家への統一教会の関与などが連日報道されている中で、自民党幹部が「何が問題か、わかっていない」と発言したことに驚きの声が上がっています。

統一教会をめぐり自民党幹部の釈明発言について調べました。

統一教会と政治の関係とは摘発できない理由なぜ宗教法人格取り消しできないのか?
安倍元首相の殺害事件に関して、旧統一教会の元幹部が会見し教団を批判しました。それに対し、韓国の教団幹部は「話は一つも正しくない」と反論した。 韓国の旧統一教会でNo.2だった郭錠煥(カク・ジョンファン)氏は会見で「(献金集めに傾倒する...
旧統一教会の芸能人や政治家とのかかわりは?悪い噂黒い噂まとめ
山上徹也容疑者が旧統一教会に恨みを持っていて、安倍晋三元首相を銃撃したことから旧統一教会が注目されています。 山上徹也容疑者は取り調べに対し「母親が多額の献金をして破産し、家庭生活がめちゃくちゃになった」「成敗するため教団トップを狙っ...
安倍晋三元首相銃撃を受け奈良県警本部長や警視庁長官の責任は?更迭か?SPの処遇
安倍晋三元首相銃撃事件について奈良県警の鬼塚友章本部長は「極めて重大、深刻に受け止め責任を痛感している」と述べた。 辞任について問われた鬼塚本部長は「現在の捜査を指揮し、警護の問題を早急に洗い出すのが私の責任だ」と自身の責任について語...

統一教会をめぐり自民党幹部の釈明発言は?

自民党幹部の福田達夫総務会長が7月9日の会見で、統一教会と自民党の関係が指摘されていることに関して、「僕自身、個人的に全く関係がない」とした上で、「正直に言います。何が問題か、僕はよくわからない」と述べた。

霊感商法や多額の献金で、被害者が生まれていて、社会的に問題が指摘されている統一教会と自民党の関係を、問題ないと語った福田達夫総務会長に批判の声が上がりました。

福田達夫総務会長は、7月29日に「被害者を生み出すような、社会的に問題が指摘されている団体との関係が問題であることは言うまでもない」と補足し、「そのような団体との付き合いについて『何が問題かわからない』という趣旨の発言ではない」と釈明のコメントを発表した。記者会見での発言は撤回していない。

福田達夫総務会長の発言に対して、SNS上で批判の声が上がり、YouTubeには祖父の福田赳夫元首相と統一教会・文鮮明の映像が拡散されています。

1974年5月7日の統一教会が開催した「希望の日 晩餐会」に当時の福田赳夫大蔵大臣が登壇し「アジアに偉大なる指導者あらわる、その名は文鮮明ということである」「今日は文先生から『お前らは神の子である』という風に激励をうけましてですね 少し何か偉くなったような感じもいたします。私はこの「神の子である」というのはですね やっぱりですね、この世の中のために大いに奉仕していく またそういう気持ちになった〉」などと絶賛しました。

福田赳夫元首相の秘書をした中原義正氏は「福田は岸(信介)の指示を受けてあいさつしたのではないか。確かに当時、勝共連合(統一教会の政治団体)が自民党国会議員に近づいていたのは間違いない」と1974年当時からの統一教会と自民党の関係を語っています。

中原義正氏は続けて「ただ、だからと言って福田が統一教会の活動のお先棒を担いだことはないし、民間企業出身である(息子の)康夫氏はもちろん、(孫の)達夫氏も当時の状況を知らないだろう。とはいえ、(達夫氏は)発言には慎重であるべきなのは言うまでもない」と福田達夫総務会長は慎重に発言するようにアドバイスした。

福田達夫総務会長のプロフィール

福田達夫(ふくだ たつお)は、1967年3月5日生まれ、東京都出身、慶応義塾大学法学部法律学科卒業、大学卒業後アメリカのジョンズ・ホプキンズ大学高等国際関係学研究所の研究員を経て、帰国後は三菱商事に入社し調査部門で勤務した。

福田達夫は、祖父が第67代内閣総理大臣の福田赳夫、父が第91代内閣総理大臣の福田康夫で、自民党所属の衆議院議員(4期)、自民党総務会長、防衛大臣政務官兼内閣府大臣政務官などを歴任した自民党幹部です。

2004年、三菱商事を退社し、福田康夫事務所で私設秘書を務めた。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で初当選した。

2012年の衆院選で自民党が大勝したときに初当選した議員たちは、失言や不祥事が相次ぎ「魔の3回生」と呼ばれた。

なぜ会見を行った?

福田達夫自民党総務会長が、統一教会が問題ないという会見を開いた理由が分かりません。

実業家の「ひろゆき」こと西村博之が、7月29日に自身のTwitterを更新し、「統一教会の強い影響が一切ないのであれば『統一教会とは縁を切ります。カルトはバシバシ規制します!』と言ってくれれば良いのですけど、、、どうして縁を切るって言えないんですかね?」とつぶやいた。

西村博之氏が提案する「カルト宗教規制法案」に称賛の声が寄せられている。

多くの自民党議員が統一教会と関係を持っていたことが判明しているなか、カルト宗教規制法案が提案された。

西村博之氏は「カルト宗教規制法案。カルト宗教は信者に借金させまくって、寄付させて、自己破産させる方法を指南したり、洗脳のために監禁したりという違法行為をしています。違法行為を数えて、一定の回数を超えた団体様は裁判官による判断というフランスの反カルト法のようなやり方で良いと思います」とカルト宗教規制法案を提案しています。

ネット上で、ひろゆき氏の提案するカルト宗教規制法案に賛成する声が寄せられている。

福田達夫総務会長のような自民党議員が多い現状では、西村氏が提案する「カルト宗教規制法案」を制定するのは難しいと言われる。

まとめ

今回は「統一教会は何が問題か、分からない」と発言して炎上している自民党幹部の福田達夫総務会長について調べました。

発言内容の問題点を理解して、失言を繰り返さないことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました