統一教会の公安捜査ファイルとは?封印された理由は?名称変更か?

ニュース
スポンサーリンク

安倍晋三元首相の銃撃事件を機に、政界と旧統一教会との関係に注目が集まっています。

現役議員たちは説明を拒み、議員OBもこの件については話そうとしません。統一教会の公安捜査ファイルを封印していたことが報じられました。

統一教会の公安捜査ファイルについて調べました。

統一教会の公安捜査ファイルとは?

統一教会と政界の関係が明らかになるなか、警視庁や公安部が作成し封印されたた捜査資料が存在し、統一教会の関係者の個人情報、関係する政治家の名前も記載されていることが明らかになった。

統一教会の公安捜査ファイルには、約2万6千人の統一教会関係者の名前が記載され、職歴、勤務先、教会内での地位などが記載されていた。

公安部は統一教会をカルト教団と認め、詳細なリストを作成していた。このファイルには、1995年に開催された統一教会幹部・朴普煕(パクポヒ)が開いたイベント「朴普煕博士『希望の日』晩餐会」に招かれた政治家の名前が記されている。

衛藤晟一参院議員は、この晩餐会に招待された、安倍派の現職議員の一人でした。出席について事務所は「全く記憶にありません」と答えている。このことから安倍派と統一教会の関係の深さが分かる。

公安部の捜査ファイルには、安倍派以外に岸田派幹部・根本匠元厚生労働相の名前も載っている。

岸田派幹部で事務総長の根本氏も、1995年の統一教会のイベントに参加していた。本人は出席について否定している。

2001年の天宙平和統一国日本大会の参加者として、安倍派の吉野正芳元復興相、故・三塚博氏などの名前もある。

2022年8月11・18日号の「週刊新潮」で、捜査資料の詳細な内容と統一教会の政界新党工作の実態を報じている。

安倍晋三元首相銃撃事件の容疑者の統一教会への憎しみが、日本の保守政治の地下人脈をあぶりだしている。

自民党内でハト派と言われる岸田文雄首相は、統一教会と政界の腐れ縁の暴露に焦りを感じている。安倍元首相の国葬を行って幕引きすることを考えている。

公安部が公安捜査ファイルで調べていた、1980年代からの統一教会の活動内容を調べました。

公安部が把握していた統一教会の活動内容

1980年代初めころ、武装化することを計画する教会関係者の自衛隊への偽装入隊、1987年の朝日新聞阪神支局襲撃事件など教会関係の問題が発生した。

1993年5月に、公安警察が統一教会に宣戦布告してから詳細な調査が始まった。警察庁の菅沼溝高警備局長は「統一教会(世界基督教統一神霊協会)、勝共連合(国際勝共連合。統一教会と連携する政治団体)は、やがて大きな社会問題になる」と予言していた。

統一教会は、国内で1971年に設立した幸世商事などの作った安物の印鑑や石塔などを高値で売りつける霊感商法を展開した。

その後、幸世商事はハッピーワールドに名前を変えて、霊感商法が1980年代後半に社会問題になった。

統一教会は反共思想により自民党幹部を取り込んでいたので、公安警察も手を出せなかった。

1990年4月、文鮮明はゴルバチョフ大統領と会談し、国際勝共連合の創始者、強烈な反共主義者の顔を豹変させた。

1991年11月には、文鮮明は北朝鮮で金日成主席と会談し、北朝鮮の豆満江流域の経済開放地域への直接投資、金剛山の観光開発などの経済利権を獲得した。

1992年以降、日本人信者による北朝鮮北部の定州への聖地巡礼ツアーが可能になった。

1992年3月に、文鮮明が突然来日したのは、自民党副総裁・金丸信が法務省へ圧力をかけて実現したと言われる。

公安警察は、文鮮明の突然の訪日強行に愕然とした。公安関係者は「統一教会は南北統一の際に日本国内を混乱させるため、さらには、アジア地域における米、ロシアへの発言力を高めようと、対日工作のテコ入れをしている」と警戒心を持っていた。

金丸信が闇献金で失脚したあと、1992年7月、国際勝共連合本部を公職選挙法違反容疑で家宅捜査した。

2012年9月、文鮮明が死去し、2015年7月、安倍派幹部の下村博文が文科相を務める第二次安倍内閣で、統一教会は「世界平和統一家庭連合」に名称変更し、「平和」「家庭」という言葉でイメージチェンジした。

統一教会は宗教マネーを政治資金に、信者を選挙運動員に派遣して、政界に深く食い込んだ。統一教会は政界と結びついて、カルト教団に認定されるのを回避してきた。

封印された理由は?名称変更か?

統一教会が現在の名称「世界平和統一家庭連合」へ変更された経緯が注目されています。

1997年に統一教会は文部科学省へ名称変更を相談したが、教団の霊感商法が社会問題化していたので断ったといいます。

その後も相談を継続し、2015年になって正式に認められた。

宗教団体が名称変更のとき、都道府県知事か文部科学相に申請します。統一教会は複数の都道府県に施設をもつため、名称変更の申請は文科相に行う。

実務は文科省の外局の文化庁・宗務課が行います。

文化庁・宗務課によると「世界基督教統一神霊協会」から「世界平和統一家庭連合」への名称変更は2015年6月に申請され、7月に受理し、8月に認められた。

1997年から名称変更の申請を認めていなかった統一教会の名称変更が、3025年にわずか2カ月で認めらたのは政治の力が働いたためでないかと疑われています。

統一教会の公安捜査ファイルが封印された理由を明確にすることが要求されている。

まとめ

今回は封印された統一教会の公安捜査ファイルについて調べました。

1980年代に霊感商法が問題になりました。統一教会は2015年に名称変更してイメージチェンジを図りました。そのさいに政治の力が働いたのではないかと疑われています。

統一教会の問題が早期に解決されるように祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました