岸田首相コロナ感染か?復帰はいつ?世論の支持率低下の理由?

ニュース
スポンサーリンク

岸田首相は8月20日夜に微熱やせきの症状が出た。21日朝にPCR検査を受けたところ新型コロナウイルスに感染していることが確認された。

岸田首相の新型コロナウイルス感染から復帰する時期について調べました。

岸田首相コロナ感染か?復帰はいつ?

岸田首相は8月15日に公務を終えてから夏休みに入っていた。8月22日から公務に復帰する予定でしたが、新型コロナウイルスに感染したため、8月30日まで療養し、早ければ31日に復帰します。

岸田首相は4回目のワクチン接種を8月12日に行っていた。8月16日に茨城県内でゴルフを行い、17日~19日は静岡県内の温泉に家族と滞在し、19日午後に首相公邸に帰った。

医療の専門家は「4回目接種に関しては、重症化予防の有効性は認められていますが、感染予防効果の有無は十分なものではありません」と4回目接種は感染予防効果は十分でないと語っている。

4回目接種は重症化から身を守るために接種する意味合いが強い。岸田首相が休養した茨城県と静岡県の感染状況を調べた。

8月21日、茨城県の新型コロナウイルスの新規感染者は4275人で、4日連続して4千人台になった。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は3558.8人で、前週比113.4%に増えている。

8月21日、静岡県内で確認された新型コロナウイルスの新規感染者は5002人で、日曜日として初めて5000人を超えた。

新規感染者数が日曜日として過去最多になったことに対して、静岡県の担当者は「人の移動が多かったお盆の影響」であり、「いつ誰が感染してもおかしくない」と語っています。

岸田首相は夏休みをとり、茨城県でゴルフをして、静岡縣伊豆の温泉に2泊3日滞在している間に感染したと思われます。

静岡県の担当者の語るように、静岡県では誰が感染してもおかしくない状況になっている。

東京の新型コロナウイルスの新規感染者が3万人を超え、第7波の感染拡大が続く中、自治体から「高齢者の外出自粛」を求める声が上がっています。

大阪府の吉村洋文知事は「高齢者の皆さん、なんで自分たちだけなんでだ、と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、感染リスクの高い行動、特に今は控えていただきたい」と外出自粛を求めています。

自治体から「高齢者の外出自粛」の声が上がる中、熊本県は「BA.5対策強化宣言」を発表し、高齢者や妊婦の外出を控えるように呼び掛けている。

ワクチン4回目接種した70代の男性は「(外出自粛は)本来、若者の方々・小さいお子様含めて、そちらの方が必要だなとは思いますが、ただそれやると社会的に経済が回らなくなる。年寄りはそれほど回してませんからね、経済」と効果を疑問視している。

岸田首相の新型コロナウイルス感染を他山の石として、高齢者は第7波が収束するまで不要不急の外出をしないようにして、「高齢者の外出自粛」に協力することが呼びかけられている。

政府関係者によると、岸田首相は27日~28日にアフリカ開発会議(TICAD、チュニジア)への出席を見送り、オンラインでの参加を検討しています。

アフリカ開発会議は日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行およびアフリカ連合委員会(AUC)と共同で開催している
会議です。

2022年8月27日~28日にチュニジアで開催され、アフリカでの開催は、2016年にケニアで開催してから2回目です。

アフリカ開発会議には、アフリカ53か国からの首脳級、多くの開発パートナー諸国、国際機関、民間企業や市民団体が参加します。

岸田首相はアフリカ開発会議へ出席後、中東のカタールとアラブ首長国連邦(UAE)を訪問する予定でしたが、新型コロナウイルス感染のため中止する。

岸田首相は公務に復帰する8月31日まで、オンラインで公務を行います。

世論の支持率低下の理由?

毎日新聞と社会調査研究センターが8月20日、21日に、全国世論調査を実施した。

岸田内閣の支持率は36%で、7月16日、17日の世論調査の52%から16ポイント低下した。2021年の内閣発足以来で最低になり、不支持率は前回の37%から17ポイント増加し54%になった。

8月19日に内閣改造と自民党の役員人事を実施した後の調査で、支持率が改造前より低下した。

世論調査によると、内閣改造と自民党役員人事を「評価しない」が68%で、「評価する」が19%であった。

自民党と統一教会の関係に問題があったかとの問いに「極めて問題があったと思う」が64%、「ある程度問題があったと思う」が23%で、合わせて87%が「問題があった」と答えています。

世論の支持率の低下は、自民党の閣僚、政務三役、党役員と統一教会の関係が表面化したのが影響している。

世論調査によると、「政治家は統一教会との関係を絶つべきだ」との答えが86%に上っている。

世論調査は携帯電話と固定電話を使用して、携帯536件、固定429件の有効回答を得ている。

日本経済新聞の世論調査でも、支持率60%、不支持率32%と毎日新聞と同様の傾向が出ている。

まとめ

今回は岸田首相が新型コロナウイルスに感染して療養していることについて調べました。

岸田首相は4回目のワクチン接種を終えて、茨城県、静岡県で夏休みをとっているあいだに感染したと思われることが分かった。

第7波が収束するまで、高齢者は出来るかぎり「高齢者の外出自粛」を守って感染しないことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました