旧統一教会会長の2回目会見内容まとめ田中富広会長の発言一覧

ニュース
スポンサーリンク

政治家と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係が問題になっています。そんな中、2022年8月10日に旧統一教会の田中富広会長が、日本外国特派員協会で記者会見した。

旧統一教会会長の2回目会見内容まとめ田中富広会長の発言について調べました。

旧統一教会会長の2回目会見内容まとめ田中富広会長の発言一覧

会見の冒頭に田中富広会長は「社会の皆様にも、様々にお騒がせしていることに対して深くお詫び申し上げます」と頭を下げた。

その後のスピーチの内容は、教団の正当性の主張に終始した。司会者の注意を無視して、予定より10分近く発言を続けた。

田中富広会長の会見時間について

前もって説明された会見時間は、最初に田中富広会長が15~20分程度のスピーチを行う。逐次通訳込みで30分程度を予定していた。その後、25~30分程度の質疑応答を行うとされていた。

最初のスピーチが会見開始から約30分経過したときに、司会の神保哲生氏が「田中さん、そろそろスピーチをまとめていただけますか?」と促した。

しかし、田中富広会長は、そのままスピーチを続け、名称変更は政治の影響はなかったと主張した。

6分後に、神保氏が「ミスター田中、田中会長、そろそろスピーチの方を終わりにしていただいて…」と2回目の注意をしたが、田中会長は「全部させてください」と応じなかった。

それから10分後、神保氏が3回目の注意をした。田中富広会長はスピーチを続け、準備した原稿を読み上げるのに39分20秒かかり、予定時間を約10分オーバーした。

田中富広会長は記者からの質問に、政治との関係について「政治に(旧統一教会の)友好団体が、強く姿勢を持って関わってきたことは事実」と述べた。反共で利害が一致する党と関係を持ってきたことも語った。

関係のある具体的な政党については、田中富広会長は特定の党と関係を持ち、特定の党のみを応援していないと言いながら、反共と言う点で自民党の議員との接触が最も多いと語った。

田中富広会長の発言一覧

田中富広会長の発言内容を抜粋して紹介します。

◎2022年7月8日、安倍晋三元首相が凶弾に倒れられました。
心から元首相のご冥福をお祈りいたします。

◎犯人とされる容疑者が、当法人・家庭連合への恨みを動機として行動に出たという報道に触れ、私どももとても心重く受け止めております。社会の皆さまにも、様々にお騒がせしていることに、深くお詫び申し上げます。

安倍元首相の件
◎安倍元首相が凶弾に倒れられた直後から、容疑者の犯行動機が、当法人の信者である母親の献金によるものであると、未だ確定もしない情報から、昨今の当法人に対する過剰なメディア報道によって、当法人の信徒から様々な被害が報告されております。

統一教会がらみの事件
◎振り返って、私どもの法人にとって、13年前の2009年が大きな分岐点でした。一部信徒の経済活動が、刑事事件として検挙され、それに関して当法人の地方施設などに、警察の家宅捜査が入るという事態となり、当時の当法人会長が、世間を騒がせた道義的責任を取って、辞任いたしました。

高額な献金について
◎それ以降、信者が経営する会社での物販活動のあり方に対する基本的な指導、財産に比しての高額な献金が行われないよう、徹底した努力を重ね、今日に至っております。

民事訴訟への対応
◎一方で、民事訴訟に関しては、着実に数が減ってきているとはいえ、ゼロになったわけではありません。残念ながら、信仰が薄れることによって、一度捧げた献金を返してほしいと要請してくるケースもございます。こうした要請には個別に適切に対応を重ねてまいりました。

民事事件の件数
◎裁判においては、1998年(ピーク)においては、係争中の案件が78件ありましたが、2022年の訴訟継続中の件数は5件です。また、通知書件数は、この10年で10分の1に減りました。もちろん各事案には丁寧に対応させていただいております。

霊感商法について
◎さらに、一部メディアでは30年以上前にレッテルを貼った霊感商法なるものが、今も変わらず行われていると発信し続けています。しかしながら、いわゆる霊感商法なるものを、過去においても、現在も当法人が行ったことはありませんし、信徒らに対しては、特に2009年以降、当法人は、社会的、法的に問題と指摘される行為をしないよう、コンプライアンスの徹底に努めております。

消費者センターへの相談
◎2014年以降、当法人は消費者センターから当法人に関する何らかの相談があった場合には連絡をもらうようにしていましたが、記録にあるこの年以降においては、消費者センターから相談を受けたという報告は一件もございません。

法人の名称変更について
◎当法人の名称変更に対しても、ゆがんだ憶測や悪意に基づきメディア報道がなされております。「悪いイメージを隠すために名称変更をした」と、いわば正体隠しの手段として、名称を変更したかのように報じられております。

名称変更の内容
◎2015年8月26日に、正式に認証を受けて、名称を変更するに至りました。この名称変更の、当法人規則認証に関する政治的圧力や介入があったかのような一方的な憶測報道がなされていますが、事実ではありません。

祝福結婚式について
◎文鮮明総裁が逝去されて以降、成年男女の結婚は、父母や先輩の紹介で出会いの場が準備され、一定のお付き合いの時間を経て、互いの同意のもとに、祝福結婚式に臨んでいます。祝福結婚が男女の意に反して強制されることは絶対にありません。

信者の拉致監禁、脱会強要について
◎当法人の信者は、かつて拉致監禁、脱会強要という違法な人権侵害の被害に遭ってきました。信仰生活をしている信者を無理やり拉致し、監禁したのです。その数は、1966年以降、総計4300件を超えており、中には12年5か月監禁され続けて逃げ出してきたケースもあれば、監禁場所での自殺者も出ています。

ジャーナリストの鈴木エイト氏が8月10日、日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、「正体隠しは実際やってきてますからね」とした上で「だからなんだって話」とバッサリ切り捨てた。

まとめ

今回は旧統一教会の田中富広会長の会見内容について調べました。あくまで統一教会の一方的主張であって、内容については別の意見があると思います。

カルト教団による被害が発生しないことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました