統一教会との関係性が新たに分かった政治家とは?未だに関係が断てない理由は?

ニュース
スポンサーリンク

高市早苗経済安全保障担当相の事務所へ、「次はお前だ」と旧統一教会との関係を批判する脅迫文書が届いたことが分かった。

脅迫文書は北海道で投函され、東京都千代田区の高市早苗事務所に8月18日に届きました。高市氏は約20年前に旧統一教会と関係が深い月刊誌で対談したことを明らかにしています。

統一教会と関係性が新たに分かった政治家について調べました。

統一教会との関係性が新たに分かった政治家とは?

新たに統一教会との関係性が分かった政治家として、杉田水脈総務政務官について調べた。

 杉田水脈総務政務官

8月15日の記者会見で、杉田水脈総務政務官が統一教会の関連施設で2016年に講演したことを明らかにした。

杉田水脈氏は「当時はそういうことは知らなかった」と釈明し、「これまでに金銭的・人的支援を受けたことは一切ない」と説明した。

杉田氏はTwitterで。2016年8月に米国で行った講演会場が統一教会関連施設だったと指摘されていた。

2016年に、杉田水脈氏は自身のTwitterに「統一教会の信者の方にご支援いただくのは何の問題もない」と投稿していたが、この件に関してはノーコメントだった。

統一教会が「世界平和統一家庭連合」に名称変更を発表したのは2015年9月でした。1年間は出版物や公式文書に旧名称を併記する条件が付けられていたため、旧統一教会が改名を完成させたのは2016年9月でした。

杉田水脈氏は2016年8月にニューヨークで講演していて、統一教会が霊感商法を行うカルト教団であることを知らなかったというのは辻褄が合わない。

さらに杉田水脈氏が『幸福の科学や統一教会の信者の方にご支援、ご協力いただくのは何の問題もないのですが、どうしても宗教団体の名前が出ると日本国内では過敏に反応して「バックに宗教団体がいるでは」と言った憶測が飛び交い、苦情や問い合わせが事務所にあります。ので、その都度このように否定します。』と2016年に投稿したことが問題視されている。

杉田水脈のプロフィール

杉田水脈(すぎた みお)は、旧姓:吉岡、1967年4月22日生まれ、兵庫県神戸市垂水区出身、鳥取大学農学部林学科卒業、自民党の衆議院議員(3期目)です。

杉田水脈さんは、鳥取大学卒業後、1990年4月積水ハウス木造に入社、1992年4月より西宮市役所勤務、2010年10月、みんなの党兵庫6区支部長に就任したが、維新政治塾に参加後、日本維新の会に入会した。

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙で兵庫6区より日本の維新の会から出馬し、比例近畿ブロックで比例復活し初当選した。

2014年、次世代の党公認で第47回衆議院議員総選挙に兵庫6区から出馬し落選した。

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙に自由民主党から比例のみで出馬し、比例中国ブロック17位で当選した。

2021年の第49回衆議院議員総選挙の比例中国ブロック19位で当選(3選)した。

杉田水脈さんは2018年にLGBTなど性的少数者は「生産性がない」と月刊誌に書いて問題になったことがある。

テレビ朝日の玉川徹氏は8月19日、「羽鳥慎一モーニングショー」に出演し、杉田水脈氏が総務大臣政務官に起用されたことについて「こういう人を自民党は認めることが問題」と語った。

副大臣・政務官の内、少なくとも14人が統一教会の関連団体と過去に何らかの関係があったことを認めた。

野中厚農水副大臣は、統一教会の友好関連団体に出席、中谷真一経産副大臣はイベントに出席、井出康生文科副大臣や山田賢司外務副大臣など少なくとも8人が統一教会関連団体にパーティー券を購入してもらった。

山本左近文科大臣政務官、高木啓外務大臣政務官など、少なくとも6人の政務官が関連団体のイベントに出席、祝電を送ったりしていた。

松野官房長官は、教団との関係を点検し見直すことを了解した者のみを任命したと説明している。

未だに関係が立てない理由は?

共同通信社の世論調査によると、教団との関りについて自民党や所属議員の「説明が不足している」と回答した人が約9割、「関係を絶つべき」が8割を超えていた。

統一教会と政治家の関係は、1968年に作られた団体「国際勝共連合」から始まった。

故・笹川良一が名誉会長に就いて、自民党の岸信介元首相も賛同して、選挙協力により自民党議員と統一教会の関係が深まった。

政治理念は統一教会と自民党に共通点が多く、特に保守色の強かった安倍政権の主張と一致していた。

自民党議員が統一教会と関係を結ぶようになったのは、小泉政権時代に、自民党の伝統的支持基盤が崩壊したのが原因と言われる。

小泉元首相は政権につくと、公共事業を削減し、道路公団や郵政3事業を民営化し、地方自治体への補助金をカットして自民党の支持基盤を弱体化させた。

弱体化され失った支持基盤の票を補うために、安倍政権は統一教会の集票力に頼った。自民党と統一教会の関係が絶てないのは、自民党の集票力が弱いためと言われている。

実業家のひろゆきこと西村博之氏は自民党が統一教会から離れると「自民党の政治家は大したことも言えず何も出来なくなる」と関係の深さを指摘した。

さらに、ひろゆきこと西村博之氏は「自民党の政治家が『統一教会との関わりを切る』とか『統一教会を調査します』とか言い出すと、統一教会から過去の繋がりやらを暴露される事になる」とコメントした。

ひろゆきこと西村博之氏は、統一教会の幹部の頭の良さを、皮肉交じりに語っています。

まとめ

今回は新たに統一教会との関係性を指摘された政治家として、杉田水脈さんについて調べました。

杉田水脈さんは「(統一教会関連団体の)定義が分からない」と述べていて、2016年8月のニューヨークの教団施設、2019年の熊本県内の関連団体シンポジウムなどで講演を繰り返しています。

カルト教団に政治家が影響を受けないように祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました