エンリケサロン死亡事故や出資法違反で離婚か?逮捕もある?買取パートナー

ニュース
スポンサーリンク

エンリケ(34)こと佐野理恵が経営する銀座のシャンパンサロンで、男性の死亡事故が2022年6月末に発生し、警視庁が捜査を進めていることが報じられた。

エンリケサロン死亡事故や出資法違反で離婚か?について調べました。

エンリケサロン死亡事故や出資法違反で離婚か?

2022年6月28日にエンリケのシャンパンサロンで死亡事故が発生した。

エンリケサロンにおける死亡事故

2022年6月28日午前3時に、銀座の「シャンパンサロン エンリケ」の店内で、男性が顔面蒼白の状態で倒れ、救急搬送されたが午前4時10分に死亡が確認された。

死亡したのは東京都内で飲食店経営する男性Aさん(33)でした。

2020年に結婚した男性Aさんの嫁は「夫はエンリケさんと知り合いではなく店に行ったのは初めてでした。共通の知人から『人手が足りないので客兼手伝いで店に来てほしい。ボトル1本くらい飲んでくれたらいいから』と誘われた。要は、店を盛り上げる“飲み要員”です。夫はお酒が強く、吐いたり、二日酔いになるのを見た事がなかったので心配はしていませんでした」と事件が発生した事情を説明した。

6月27日夜は、人気YouTuber「てんちむ」が来店する「てんちむナイト」の夜だったと言われる。

「てんちむ」とエンリケ夫妻は、開店直後の8時半ごろ来店した。Instagramに「一気飲みやお酒の強要があったわけではない」と書いていたが、男性Aさんは周囲に合わせて序盤から一気などをして11時ころには泥酔していた。

心配したスタッフが男性Aさんを更衣室へ運び込んだ。閉店後の午前3時ごろ、更衣室へ行ったスタッフが、変わり果てた男性Aさんを見つけた。

スタッフは「更衣室は、人一人が体育座りできるほどのスペースしかなく、空調のない密閉された空間です。当日は猛暑日でしたから脱水症状を起こした可能性もある。周囲の呼びかけにも反応はなく、スタッフは既に退店していたエンリケに報告し、救急車を呼んだ。警察も駆けつけてきて、みんな事情聴取を受けた」と証言している。

死体検案書では死因は不詳になっていて、死因を知りたい家族のために大学病院で司法解剖している。警察は「保護責任者遺棄容疑を視野に捜査を進める」と説明している。

エンリケは「ご冥福をお祈りすると共に、謹んで哀悼の意を表します。エンリケ側がYさんをお手伝いとして呼んだ事実はなく、夫の友人が呼んだ方で、お名前も存じ上げませんでした。店内にはスタッフを含めて30名ほどの人がいましたが、Yさん以外に潰れている方はなく、お酒の強要や、一気飲みをしている方もいませんでした。当日は満席だったため更衣室以外に寝かせられる場所がなく閉じ込めていたわけではありません。私も事情聴取を受け、当日の状況をありのままに話しています」と回答している。

エンリケに保護責任者遺棄容疑がかけられている。

エンリケの経営する株式会社「エンリケ空間」の買い取り事業に出資法違反の疑い

株式会社「エンリケ空間」の買取事業の実態を、30代の主婦Bさんが証言している。

主婦Bさんは「私は同世代のエンリケに魅力を感じて、彼女の夫のインスタもフォローしていました。彼が『買取パートナー』を募集していたので、興味を持ったんです」と買取事業に参加した理由を語った。

主婦Bさんはエンリケの夫から「買取パートナーは凄くシンプルで結論から言うとエンリケ空間に買取資金を振り込んでもらったら6ヶ月後に12%の利益を上乗せしてお支払いします〉と説明された。

「買取パートナー」は契約者のお金でブランド品を購入し、それをエンリケ空間が買い取り、契約者は実際の物品のやり取りせずに、お金を振り込むと半年で12%の利益を付けて返金されるようだ。

主婦Bさんは「エンリケの夫から、エンリケ空間が運営する『エンリケ買取空間』に誘導され、担当者とラインでやり取りを始めました。最低10万円からだったので、今年2月に10万円を『エンリケ空間』の口座に振り込みました。自宅に『商品売買契約書』が届き、そこには『転売代金』として11万2千円が8月に振り込まれると記載されていました」と証言した。

期日が来ても、お金が振り込まれないので、主婦Bさんがエンリケ空間に問い合わせると、担当者が「大口の取引先の会社社長が亡くなった関係で入金がない。いつ返せるかわからない」と答え、9月現在も入金されていない。

杉山雅浩弁護士は「不特定多数に対し、実質的に元本保証をし、買戻しの約束をしていたとすれば、出資法違反(預り金の禁止)の可能性が高い。この場合、3年以下の懲役、300万円以下の罰金です。また、実際にブランド品の売買がされていなければ詐欺罪に問われ、10年以下の懲役となります」と、出資法違反と詐欺罪の疑いがあると説明している。

出資法違反であると、逮捕される可能性がある。

ガーシーが「エンリケは近々離婚する」と暴露

ガーシーこと暴露系YouTuberで参議院議員・東谷義和氏が、「元キャバ嬢のエンリケは近々離婚する」と暴露し、ネット上で話題になっている。

元キャバ嬢・エンリケは2019年11月にキャバ嬢を引退し、現在は「エンリケ空間」の代表として、シャンパンサロン、高級寿司店、セルフエステサロン、買取サービスなどを行っている。

エンリケは2020年元日に、店の客だった経営者の通称「ブタさん」こと佐野良太さんと結婚した。2人は夫婦であり、かつビジネスパートナーの関係である。

エンリケは1987年11月2日生まれ、岐阜市出身、中学からキャバクラで働くようになった実業家です。エンリケ本人は、離婚については明らかにしていない。

逮捕もある?

エンリケは保護責任者遺棄致死罪、出資法違反、詐欺罪などで逮捕される可能性があります。

元東京地検特捜部で弁護士の若狭勝氏は「彼女が指示して泥酔になる原因を与えるか、あるいは、そこまで直接的でなくても『大量に飲む方が良い』といった経営方針なら、保護責任者遺棄罪に問われる可能性がある。罰則は3月以上5年以下の懲役です。さらに保護責任者遺棄致死罪となると、3年以上20年以下と、かなり重い刑になります」と説明している。

まとめ

今回は、保護責任者遺棄致死罪、出資法違反、詐欺罪などで捜査されている元キャバ嬢・エンリケについて調べました。

元キャバ嬢・エンリケの捜査が進み、被害者が救済されることを祈っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました