エリザベス女王の国葬費はいくら?安倍晋三国葬との異なる点

ニュース
スポンサーリンク

エリザベス女王の国葬が、2022年9月19日、イギリスの首都ロンドンのウエストミンスター寺院において執り行われた。

国葬には、バイデン大統領ら各国の要人など2000人以上が参列しました。

エリザベス女王の国葬費用を調べた。

エリザベス女王の国葬費はいくら?

ウエストミンスター寺院におけるエリザベス女王の国葬は、日本時間の9月19日午後7時ごろから約1時間執り行われ、警備体制のために約1万人が動員された。

参列者はアメリカのバイデン大統領ら各国の元首など2000人以上でした。天皇陛下と皇后雅子さまは、天皇が外国の王室の葬儀に出席するのは異例ですが、イギリス王室と皇室の交流を踏まえて出席しました。

参列者の座席は、女王の棺の近くにロイヤルファミリー、その後ろにイギリス連邦の指導者、更に、その後ろに各国の要人が座り、バイデン大統領もその中にいた。

イギリスのテレグラフ紙は「女王の葬儀では、たとえ小さな国や影響力の弱い国であっても、“イギリス連邦諸国”の政治指導者が、他の国の指導者より上位になる」と報じた。

国葬のあと、女王の棺はウエストミンスター寺院を出てロンドン市内を回りウエリントン・アーチまで行進した。その後、女王の棺は霊きゅう車に載せられ、ロンドン郊外のウインザー城へ運ばれ、城内の礼拝堂に埋葬された。

エリザベス女王の国葬の費用

エリザベス女王の国葬の費用は、調査機関により異なっている。

◎デイリー・ミラー紙(英国)

英国のデイリー・ミラー紙は、エリザベス女王の国葬にかかった費用を800万ポンド(約13億円)と報じた。

イギリスに詳しい記者は、「(安倍晋三元首相の国葬の16億円より安くすむ理由として)参加者のランクが高すぎて、交通手段から滞在費まですべて相手国持ちだから、などと説明していますが、金額の差を納得できない人も多いのでは?」と語っている。

◎読売テレビ解説委員長の高岡達之氏

2022年9月17日の読売テレビ系「あさパラ」に出演した同局の開設委員長の高岡氏がエリザベス女王の国葬費用について語った。

ハイヒール・リンゴが「どれぐらいの費用になるんですか?」と質問したのに答えて、高岡氏は「これまでの国葬の経緯からいくと、日本円で15億円ぐらい」と述べた。

安倍晋三元首相の国葬の費用の16億円と比べて安いので、リンゴは「えっ!? 安く上がるって変な言い方ですけど…」と驚いた。

高岡氏は、安くなる理由を「来られる方のランクが上過ぎて、元首級ばっかりです。生臭い政治のレベルの方より上の方ばっかりなので、そうすると交通手段から滞在費から、全部お国持ちなので」と説明した。

◎アルジャジーラ・プラス

アルジャジーラ・プラスによると、エリザベス女王の国葬の費用は900万ドル(日本円で約12億9500万円)と報道されている。

アルジャジーラは、カタールの衛星テレビ局で、アラビア語と英語でニュース等を24時間放送している。本社はカタールのドーハにある。

報道されたエリザベス女王の国葬費用は、どこまでを費用に含むかで増減がありますが、日本円で約13億円と考えるのが妥当だと言われる。

安倍晋三元首相の国葬費用の16億円と比較すると少ない13億円で、イギリスは見栄えの良い内容の国葬をおこなっている。

安倍晋三国葬との異なる点

エリザベス女王の国葬を、安倍晋三元首相の国葬と比較するのは無理がありますが、異なる点を調べました。

項目 安倍晋三元首相の国葬 エリザベス女王の国葬 備考
費用 16億6千万円 13億円 安倍氏が約3億6千万円高い。
会場 武道館(武道を行う競技場) ウエストミンスター寺院(歴史ある大聖堂) 安倍氏の会場が見劣る。
参列者 ハリス副大統領など外国の代表者 バイデン大統領など国家元首、王室
国民の反応 国葬反対者が国民の半数以上いる。 すべての国民が賛成している。
政党の支持 反対する政党がある。 全ての政党が賛成している。

安倍晋三元首相の国葬費用は、エリザベス女王の国葬費用より3億6000万円多くかかるが、会場は武道場で、エリザベス女王のウエストミンスター寺院と比較すると見劣りがする。

FNNの世論調査で、安倍晋三元首相の国葬に賛成が31.5%、反対が62.3%と反対意見が大きく上回っている。エリザベス女王の国葬はイギリス国民だけでなく、世界の人から支持された。

参列者は、安倍晋三元首相の国葬にアメリカのハリス副大統領が出席します。オーストラリアのアンソニー・アルバニージー首相やインドのナレンドラ・モディ首相らも参列する予定です。

立憲民主党は、泉健太代表や岡田幹事長ら執行委員9人が「国葬に反対する世論がこれだけ強い以上、役員は出席しにくい」と欠席する見込みです。立憲民主党は法的根拠がないとして国葬に反対している。

まとめ

今回はイギリスのエリザベス女王の国葬の費用について調べました。安倍晋三元首相の国葬と比較して、イギリスの国葬は費用を抑えて見栄えのある国葬であったことが分かった。

安倍晋三元首相の国葬が混乱無く無事に終わることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました